eラーニング研修のことならばエデュテイメントプラネットにご相談ください

03-5941-5119 受付時間(平日)10:00~17:00
お問い合わせ 資料請求
プライバシーマーク
  1. 情報セキュリティニュース
  2. 「情報通信月間」豊かな社会の実現に向けて(1)

「情報通信月間」豊かな社会の実現に向けて(1)

2017.4.3


※本記事は4回シリーズです。続き「『情報通信月間』豊かな社会の実現に向けて(2)(2017年4月10日掲載)」、「『情報通信月間』豊かな社会の実現に向けて(3)(2017年4月18日掲載)」、「『情報通信月間』豊かな社会の実現に向けて(4)(2017年4月24日掲載)」はこちらからお読みいただけます。

■情報通信月間

毎年5月15日から6月15日は「情報通信月間」です。

当コラムでは今週から4回のシリーズで、「情報通信月間」に関連した内容について皆様にお届けします。

「情報通信月間」は、情報通信の普及・振興を図ることを目的として、1985年に設けられたものです。

「情報通信月間」には、豊かで幸せに暮らせる社会を築いていく上で、情報通信の発展が大きな役割を果たしていることについての理解と協力を求めるため、関係する58団体によって構成される情報通信月間推進協議会と総務省が一体となって、情報通信を使ったデモンストレーション、各種セミナー、シンポジウムといった情報通信に関する様々な行事が全国各地で開催されます。

また、電波の日である6月1日には「電波の日・情報通信月間記念中央式典」が開催され、情報通信分野で功労のあった個人や団体に対し、総務大臣、情報通信月間推進協議会会長等から表彰が行われる予定です。


■2017年度のテーマ

「情報通信月間」の2017年度のテーマは、「ICTが未来を拓く、豊かな社会」です。

総務省はICTを「Information and Communications Technology(情報通信技術の略)。コンピュータやデータ通信に関する技術をまとめた呼び方」としています。

今年度のテーマにおいて、情報通信技術を指す言葉として「IT(Information Technology)」ではなく、「ICT」が使われていることから、情報通信技術そのものより、情報通信技術を利用した情報や、知識の共有・伝達といった「コミュニケーション(Communication)」に重点が置かれていることが分かります。


■広がる「ICT」

「平成29年度情報通信月間企画趣旨」では、日本は世界最高水準のITインフラ環境を実現したものの、「国民・社会全般においては、ITの十分な利活用が進んでいるとは言えず、依然として課題が存在」しているとした上で、「ICTは、あらゆる社会・経済活動や国民生活に不可欠な基盤であるとともに、我が国の未来への投資を加速させ、地方の隅々にまでイノベーションの創出を促し、成長と雇用を生み出す鍵となる重要な分野」としています。

国が情報通信に力を注いでいることからも分かるように、今後もコンピュータやデータ通信を使ったコミュニケーションが、日常生活や職業生活の様々な場面で活用されることが期待されています。

新たに多様な情報通信技術が登場することが予想されますが、その操作方法に加え、安全・安心に活用するための情報セキュリティに関する知識や理解、またその利活用によって、より暮らしやすく働きやすい未来社会を実現させるための意識を高めることが重要になってくることでしょう。

次回以降、「情報通信月間」に関連し、情報通信において必要となる情報セキュリティ対策や、ICTの利活用について、具体的に解説していきます。


「情報通信月間」
(情報通信月間推進協議会)



◆EPでは、情報セキュリティの必要性と重要性を具体的に学べる【全社員研修対応】情報セキュリティ研修のeラーニング教材をご用意しています。研修ご担当者様ご自身でのカスタマイズも可能です。ご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

情報セキュリティ研修に関するお問い合わせ・資料請求はこちら


========<エデュテイメントプラネットのeラーニング研修サービスのご紹介>========

…………………………………………………………………………………………
EPは、人事・研修担当者さま向けに研修実施に役立つ最新トピックや、
eラーニング研修ツールの特設ページを開設しています! …………………………………………………………………………………………

■「マタハラ防止措置」の概要を示す「特設Webページ」はこちら■
2017年1月1日より、"マタニティハラスメント"に関する企業の防止措置が義務化されました!

■eラーニングの導入を検討している方にオススメしたいツールはこちら■

学習管理だけでなくPowerPointなどで作られた社内資料を
そのままeラーニング教材にできるツールがあれば便利ですよね!
研修内製化ツール『GRONIA LMS』(教材制作機能 学習管理システム)